生産地訪問 美深町 塩崎牧場 様|池袋・代々木・バターコーヒー グルテンフリー&低糖質カフェ

生産地訪問 グルテンフリー&低糖質カフェ

生産地見学ツアー

美深町 塩崎牧場 様

塩崎牧場様_写真1

北海道の北部に位置する美深町仁宇布(にうぷ)は稚内市と旭川市のほぼ中間に位置します。
町内には川が貫流し、緑豊かで自然の魅力が詰まった町です。

そんな自然豊かな美深町にある塩崎牧場は広さが100ヘクタールと広大な土地を有しており、牛が自由に動きまわりストレスのない生活を送るのに適した環境です。
近くには小さい川が流れており、そこから牛たちは水を飲むそうです。

塩崎牧場様_写真2

牛たちが牛舎に入るのは搾乳の時だけで、それ以外は朝から晩まで1日中放牧して育てられています。
自由きままに育つ牛は、時に近くの道路を歩いて横断することも。
普通はあまり考えられない光景ですが、ありのままの姿だからこその行動だと感じました。

塩崎牧場様_写真3

辺り一面に広がるこの放牧地は、元々一般的な酪農同様に農薬が散布されていました。
しかし塩崎様は、農薬や化学肥料・遺伝子組み換え技術を使った輸入飼料に頼らずに酪農をしたい!そんな想いから現在はそういった輸入飼料を一切使わずに酪農を営まれています。

無農薬・無化学肥料の牧草を餌の主体として育つ牛たちは、ほかにエネルギー補給のためにビートパルプを食べています。
実際に牧場を訪問した際にグラスフェッド牛のミルクを飲ませて頂きました。
グラスフェッド特有のさっぱりとした口当たりの中に、ミルクの濃厚さと自然な甘みがあり美味しかったです。

塩崎牧場様_写真4

塩崎牧場には①ホルスタイン種②ジャージー種③ブラウンスイス④ブラウンスイス×ジャージー種の乳牛が放牧されています。
一般的なグレインフェッドの牛はトウモロコシや大豆など穀物を主体とした脂質を多く含み濃厚飼料を与えられています。
牛を太らせて乳量を増やすことが出来ますが、農薬や遺伝子組み換え技術を使われた穀物を食べることによって病気に寿命が短い牛も増えてきています。
牧草を餌の主体とし放牧して育てられたグラスフェッドの牛はグレイフェッドの牛に比べると乳量はわずか1/3程度といわれています。

塩崎牧場様_写真5

最後に塩崎様と、塩崎牧場の牛のミルクからバターやチーズを作られているアグリフーディズムの須藤様・目黒様と一緒にお写真を撮らせて頂きました。
安いけど質の悪いものを消費者が求めているのは何故なんだろう。
少し高価でも良質なものを求める消費者が増え、本来の牛の姿で自然に酪農を行う事が当たり前になったらいいなと塩崎様は仰っていました。
私たちは、より良質なものを消費者自らが選択できるように、生産者さまから学んだ安心・安全についての知識をより多くの方々に広めていきたいと思います。