バターコーヒーとは

バターコーヒーとは

継続的に飲むことであなたの健康を支えます。

バターコーヒーという言葉から「太りそう、体に悪そう、カロリーが高そう、油っぽそう・・・」というイメージがあるかもしれませんが、その様な事はありません。大事なのは【カロリー】ではなく、【栄養素と質】です。
コーヒーの中に含まれるカフェインは頭を冴えさせ、記憶力を高めます。更にコーヒーに含まれるポリフェノールの一種であるクロロゲン酸は腸内のやせ型細菌を増やす働きがあると言われています。バターやMCTオイルには満腹感を持続させる効果があり、更にMCTオイルにはケトン体を早く生成することを促す効果もあるのでエネルギー効率が良くなり、脂肪燃焼促進や疲れにくくなるという効果をもたらします。
良質のオイルがたっぷり入っている一方、糖質はほとんど入っていないので(1杯あたり0.02g)、血糖値が上がることはありません。その結果、集中力の低下や眠気が起こらず、仕事や勉強に集中することが出来るのです。
ドリップの際に紙のフィルターではなく、金属フィルターまたはフレンチプレスを使用することで、抗酸化作用のあるコーヒーオイルも一緒に抽出する為、酸化ストレスを軽減し、エイジングケアも期待できます。

最強のバターコーヒーの素材

「最強のバターコーヒー」はバター、MCTオイル、コーヒーから作られます。
「最強のバター紅茶」はバター、MCTオイル、紅茶から作られます。
「最強」と呼べる素材を厳選しました。